FC2ブログ

ビンディングシューズでも行ける滝シリーズ『山乗不動滝』&『足尾滝』


この記事は2017年10月25日の出来事を書いたものです。



s_22688871_1275975315882121_2538792161835045073_n.jpg

s_22780606_1275975339215452_4747955243778631574_n.jpg





ちょ、台風ごときのおかげさまで路面が完全にシクロクロスwww



s_22688633_1275975379215448_1582228106452623682_n.jpg



落ち葉多いこの次期に台風後の津黒の山岳地帯とかロードバイクで行くもんじゃねぇw


だがしかしさすがは混血念樽4000S2、さすがのパンク耐性ですんで木の枝や落石等を多量に踏んでも屁でもないわw
(ロード初めて4年間クリンチャータイヤで1度もパンク無しw)




~~~~~~~~~~~~~~~~




高梁とか新見、真庭とかの県北に自走で行く場合、吉備中央町辺りから出発するのが距離的にも交通的にもストレス無くちょうど良いと思ってるんで、いつも車載で鳴滝森林公園か宇甘渓の駐車場からロード組み立ててスタート。

s_22789017_1275975822548737_7790824661557945503_n.jpg

せっかくなので宇甘渓名物の某かわや(トイレ)で放尿。前日の飲酒の影響で大量に排出→軽量化w

旭川ダム湖行くまでですでに寒い、

s_22815395_1275975802548739_7177223244835091611_n.jpg

まだ10月ですよさすが県北山間部、冬とか絶対来たくないw(県北在住のローディは冬場はローラー必須アイテムですね、やはりズイフトは偉大、月間10ドル徴収される価値はおおいにあるw)

なんとかダム湖の後は、出来るだけ市街地通りたくないので落合は集落の抜け道、久世は知らん商店街内を抜ける

s_22688335_1275975762548743_3099018513357609499_n.jpg

(平日の地方商店街はマダム達の巣窟。アーケードに響き渡るマダム達の世間話、声がデカい)

その後は久世→勝山、勝山のなんとか保存地区でチームノザキの自転車屋さん発見、

s_22688549_1275975742548745_4027692538971507522_n.jpg

県北にあるとは噂に聞いたがこんなとこにあったとはw(外から店内見るだけでもすでにBOMAだらけ、どこぞの馬の骨かわからんメリダのワシ1名だけだと空気的に入りづらいw)

ちなみに保存地区のかわや(トイレ)で早くも2度目のションベン、

s_22814019_1275975722548747_7169293765896963460_n.jpg

寒さでトイレが近いのか老いによる頻尿なのかは不明

その後は湯原温泉まで北上、もちろん温泉など入る時間はない。
湯原ダム湖は台風による土砂崩れの影響で山道が通れず通行止め、クソが!

その後はトンネル抜けて津黒高原方面に右折

s_22780196_1275975709215415_8697156277964186531_n.jpg


そしてこの絶景!!!!


s_22729224_1275975605882092_7042358683441693975_n.jpg

s_22814297_1275975652548754_1631435897409725565_n.jpg

s_22780305_1275975622548757_4866741074723770175_n.jpg

台風による降水量の影響でかなりの水量、てか多すぎる、二股の滝なのにもはや原型がわからんw(ほどほどの水量のときにオススメ)

ちなみに駐車場から遊歩道100mほど歩くだけで行けますんでホントにビンディングシューズでも楽勝に行けます♪、が、滑ります足元がかなりw

s_22814044_1275975555882097_3497203710454067032_n.jpg

s_22688787_1275975575882095_7161093720362358412_n.jpg

s_22729131_1275975682548751_6071059228098245311_n.jpg

さらに滝により飛散する水分の影響で濡れます、小雨と同レベルで濡れますw

もちろんその影響もあり渓谷内はさらに寒いです、寒いのでまたもや尿意を催しまして駐車場手前の溝でションベンしとったら車で滝を見に来た若い女人に見られる(動揺して右手に少し尿がかかる、死にてぇw)

不動滝手前の分岐から南方向の山岳地帯を抜ければ、次の足尾滝まではかなりの緩やかなロングダウンヒル主体の道、交通量など皆無で周りは風光明媚な大自然な風景、正直かなりエクスタシーなルートで超オススメでしゅ!!!!

道中に足尾滝行きの看板があるので、そこ右折してしばらく登坂、狭い道幅なんで車ではオススメ出来んすがロードなら楽勝。だがしかし傾斜は12%超えとかなんで、そっちの意味では楽勝ではないw

s_22688327_1275975529215433_2103001229493514944_n.jpg

足尾滝は遊歩道(階段)を20mほど歩くだけで見れますんで山乗不動滝よりさらにお手軽に行けます♪

s_22788696_1275975465882106_6299262649083881334_n.jpg

s_22729007_1275975445882108_6428498884399780230_n.jpg

s_22851728_1275975399215446_5371283395223787734_n.jpg

s_22851963_1275975499215436_178172389206019918_n.jpg

足尾滝入口分岐まで降りて、さらに少し南下すれば久世のどこぞの7イレブン横の交差点まで出ます、普通はこっから右折してまた落合→旭川ダム湖の順で来た道帰れば楽だし簡単になのですが、来た道戻ってもつまらんので津山方面に左折、思えばこの選択が後の地獄への入口になろうとはw

結論から言うと、『341号線』はやめましょうw

341号線から南下して最短ルートで帰ろうとか、吐血レベルの登坂だらけで地獄そのものですw
特に結構な滝の真横(滝自体は道からは隠れて見えない)を登らされる激坂からはあのご近所の地獄『芥○山』の恐怖ふたたびレベルという15%延々イカれる激坂が出現でして、100km以上走った後の脚で難なくクリア出来るようなとこじゃねーです、あそこの記憶もはやトラウマですよw

s_22780326_1275975362548783_1002392428441820520_n.jpg

その後も旭川ダム到着まで、全て山です、坂です、

平地などありゃしませんw



あまりの辛い記憶で思い出すのも苦痛ですんで書くのこの辺でやめときますw




スポンサーサイト



続、なんとか川!!!!(シッコクの仁淀川)



見よ!!!!この透明度を!!


s_14333767_975365532609769_714334972601420409_n.jpg



四国最強のアウトドアOL、写真家リナックス先生に案内していただきました仁淀川のお写真追加w




⬛︎なんとか川、安居渓谷



s_14332927_975365695943086_7978276913401361455_n.jpg


s_14322390_975365675943088_2396621673491041621_n.jpg


s_14237469_975365639276425_4413161652606273156_n.jpg


s_14233079_975365732609749_7109074659373800544_n.jpg


s_14322511_975365582609764_3149334654518515304_n.jpg


s_14291873_975365755943080_3222823122003742108_n.jpg


s_14233119_975365782609744_8886730066091476783_n.jpg


s_14238213_975365805943075_6380401669392708538_n.jpg


s_14232515_975365835943072_6892846868813582132_n.jpg


s_14344715_975365849276404_5458202080245558680_n.jpg 





⬛︎なんとか川、中津渓谷



s_14291674_975366015943054_4844748541984728273_n.jpg


s_14316939_975365912609731_8423077781630214736_n.jpg


s_14316740_975365989276390_8157105285645064880_n.jpg


s_14322550_975365865943069_8159297130255442887_n.jpg


s_14330075_975365889276400_8600134070400922115_n.jpg


s_14322674_975366042609718_1838718331561610257_n.jpg


s_14333137_975365965943059_1240421538468240921_n.jpg


s_14292502_975365939276395_2268877918032623513_n.jpg


s_14292300_975366062609716_5069868053060105407_n.jpg




四国のなんとか川ホント素晴らしい今すぐまた行きたいw




シッコク仁淀川最強の秘境、奥安居渓谷の大滝(おおたび)!!!!


シッコクの秘境、なんとか滝!!


s_20046802_1209706395842347_3232062190312073092_n.jpg




山ガール等のレベルを遥かに超越した秘境ハンター、

シッコク(四国)在住の写真家リナックス先生
↓↓↓

s_20265058_188091540844_7401036732133190133_n.jpg

...に今年もご案内していただき、死国なんとか川のなんとか渓谷に存在すると言う西日本最強の秘境(異論は認めませんw)へ突撃!!




こ、これはパンピーにはたどり着けんなかなかの難易度にしてアルピニスト野口センセもビビって裸足で逃げ出すレベルのデンジャーゾーンですよ!!!!



そんなデンジャーゾーンを難なくクリアする最強のオフィスレディー(OL)はクソ重い一眼レフを背負って絶壁の崖など登頂、


そこらの成人男性よりも遥かに身体能力が高いw



さらに戦場カメラマンもビビるタフさで現地に入水し写真を撮りまくると言うプロ意識www




安居渓谷の駐車場横の沢(この時点ですでに異次元のクリアウォーターw)
↓↓↓
s_20031580_1209707459175574_942432646109893473_n.jpg



駐車場からさらに上流に行けるとこまで車で行き、路面が砂利道になったとこから徒歩でさらに5kmも歩くとこの看板あるんで右折
↓↓↓
s_20108275_1209707385842248_2737564064862795751_n.jpg



こっからさらに1.5kmほど林道を歩かされる(老体にはキチーでw)
↓↓↓

s_20106362_1209707289175591_5637442478884208191_n.jpg

s_20155588_1209707299175590_8936390585833220235_n.jpg

s_19989727_1209707335842253_5730174823887317881_n.jpg

s_19990556_1209707259175594_4914292219460740774_n.jpg



神社への分岐地点、神社方面には登らず、こっからスイムで強行突破か、左岸を強行突破w
↓↓↓
s_20031993_1209734695839517_4374172398763540816_n.jpg

s_19989604_1209734729172847_6540859227438952759_n.jpg

s_19989476_1209707195842267_5860281582045758574_n.jpg



ここがアブねーのでこれ以上詳しい情報は教えんよww

どざえもんか、おっと足滑らせて転落死ww...とかでもこの世に未練はねぇので教えて欲しいと言うオメーはインディージョーンズですか!みてーな命知らずのトレジャーハンターの方にはメッセージにてコッソリお伝えいたします、ご安全にw



素晴らしいぞ四国の最強の秘境滝!!!!!!!!!!!
↓↓↓
s_20032003_1209706605842326_7843795247604738041_n.jpg

s_20031812_1209706405842346_95762338254611145_n.jpg

s_19989503_1209707172508936_7861614885831317208_n.jpg



写真ではまったく伝えきれん極上すぎるクオリティーですよ、ここホントに日本ですかw

(だがしかし手前左右の巨大岸壁に阻まれ滝全体が見えにくく巨大滝壺も見えんw)



写真家リナックス先生3コンボw
↓↓↓
s_20031631_1209707122508941_2324295750157790125_n.jpg

s_20046531_1209706819175638_1283799156212902523_n.jpg

s_19989591_1209706919175628_4179038991753357796_n.jpg



フル装備で巨大滝壺へ潜入w
↓↓↓
s_20032069_1209706465842340_1762931943275096303_n.jpg

s_19989733_1209706512509002_7863333170995287897_n.jpg

s_20046345_1209734675839519_7377408163072736282_n.jpg

s_20017436_1209727065840280_5022672237727668830_o.jpg

s_20031710_1209727555840231_1196912722519126353_n.jpg



このあと溺れたw
↓↓↓
s_19990153_1209727885840198_9009495957221073231_n.jpg



滝壺水中撮影(スマホのクソカメラ水没による強行撮影w)
↓↓↓
s_19959345_1209706532509000_6640327893911535876_n.jpg



絶対にウマい猫村シェフ特製のキャンプ飯w
↓↓↓
s_19959382_1209729772506676_4699298482819121588_n.jpg

(本当にウマいw)


土橋の穴、探索ド!!!!!


過去あらゆる秘境を制してきたトレジャーハンター猫先生なんですが、

そんなワシでもまったく場所が特定出来ん幻の洞窟、



『土橋の穴』



...の発見に再チャレンジですよ!!!!

(そんなめんどくせぇことせずに井倉洞行けよ、という意見は無しでw)




Googleマップや地形マップを駆使し、現地での捜索の機動性を上げるためメリダ号も投入という徹底したミッションでしたが、



場所まったくわからんwwwww



対イノシシ殲滅用の電気柵に軽く感電しながら森の中をさまよっておりましたら、ハイキングされとる原住民の親子に遭遇、

すかさず親子さんに洞窟の場所聞いたら親切な母上様に下の洞口の場所教えて頂いたんよ!!


s_18341732_1157492521063735_353233907728946743_n.jpg

s_18301370_1157492534397067_2592756160106020720_n.jpg

s_18275081_1157492634397057_4012574906658319831_n.jpg

s_18403351_1157492617730392_2747856284485065028_n.jpg

s_18301683_1157492547730399_2960597690017480900_n.jpg



なるほど、下の洞口は流出型で川じゃなくドブみてーなとこに水が流れとる上に草木がおいしげって発見しづらい、このワシでもわからんわけですわwww(吸い込み系の流入型洞窟はドリーネ地形で、流出型洞窟はたいてい小川のすぐ近くにあるんで、ある程度地形把握出来れば発見しやすいんですが、ここはわからんすわw)




さらに場所難しい上の洞口はミニスカの娘さんに案内していただきました!!



s_18403666_1157492674397053_6462558830752381118_n.jpg

s_18403443_1157493064397014_3721308636482478880_n.jpg

s_18402723_1157492931063694_3525461005250706565_n.jpg

s_18342290_1157492794397041_6710362924601966438_n.jpg

s_18402675_1157492727730381_4758915749361321538_n.jpg

s_18301897_1157492851063702_335071445801126249_n.jpg

s_18403436_1157492827730371_2331598432748624152_n.jpg

s_18301475_1157492704397050_8896632039796825076_n.jpg

s_18301500_1157492567730397_175153278432421030_n.jpg

s_18341714_1157492961063691_7486267420463854645_n.jpg

s_18301610_1157493021063685_7628768386679543564_n.jpg



いやホント上の洞口のクオリティはネットで見た写真以上に素晴らしい光景!!!!


思ったよりかなりデカい洞口でメガネ型の2つに別れた大変珍しいタイプの洞口、

周辺の野花などのロケーションと合わせてメチャクソ素晴らしい空間!!!!

そりゃ誰も場所公開せんはずですわ、誰にも教えたくないハイレベルな秘境感で猫先生はたしかな満足です!!!!!




さらに道中に道端に生えとる食える野草を母上様に教えて頂き、僕わりとチャレンジャーですんでその野草を食ってみたんですが、

s_18301987_1157493114397009_3372136239450502195_n.jpg


これが美味いんですよ!(マジですw)

苦味とか一切なし、アナタこれ雑草ですよ!!

草ごときを生で食べて美味しいとか、新見市素晴らしい、阿哲台の大自然恐るべしですわwww




母上様、ミニスカの娘さん、ご丁寧に現地ご案内頂きまして本当にありがとうございました!!


※帰り際になぜかミニスカの娘さんに寄せ書き?にサインをお願いされました、こんなオッサンなのに何か申し訳ないですwww

(そっと5/27中田ヤスタカ@エビスヤのフライヤーもお渡しいたしました、ですがクラブは未成年入場不可ですんで4年後に遊び来てくださいw)


白石島トレイルランですと!!!!


クソがぁストレスでまたしまなみ行きたい病再発ですわ!

s_14915244_1017892705023718_7038973938123528974_n.jpg

(写真は伯方島の某所)

去年の夏のなるたん家→見近島ロード合宿の時のか!

自分史上最も速かった頃なんで身体も絞れてるなぁ、帰りの向島平坦区間は鉄下駄バイクに総重量7kgのキャンプ道具背負ってという修行スタイルなのに競輪選手みてーなムキムキのプロペル紳士にも度ラフティング無しで付いていけたもんなぁ、懐かしいなぁ(詳細は去年の猫先生のブログを参照w)




つーかヤホーでトレランのコース調べとったらめっちゃ良い島発見した!!!!
↓↓↓

s_14947621_1017892718357050_3504090262368394112_n.jpg


島の山頂の尾根をロングランとかコースバリエーションやロケーション最高じゃねーか、



素晴らしい早急に行きたい!!



笠岡港からフェリーですぐ(ロードも乗せれる!)

しかも野良猫もかなり多数生息で癒しもOK牧場!


個人的に県内でトレイルランなら無難に岡山森林公園が最強じゃろ思っとったけど白石島かなり極上コースな予感!!



今すぐ行きたい!!!!!!!!



このブログに詳しいことがお写真付きで!!!!
↓↓↓
http://yamamomo-fukuchin.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-8c82.html



ここに行きたすぎて震えるwwww



山大好きとか大自然大好きとかダイエット大好きとか走り回るの大好きとかいう運動マニアの人おったらワシに付き合ってくれぬか?



プロフィール

DJ猫パンチ

Author:DJ猫パンチ
■カウントダウンTVをご覧の皆様、こんばんわ、

DJネコパンチです☆

カテゴリ
ご来場
謎のエリア
検索ムーフォ
Qなんとかコード
QR